インプラントのデメリットについて

インプラント治療はこれまで行われていた噛み合わせを回復させるための治療方法と比べて、非常に効果の高い方法となっています。
しかしながら、メリットばかりではなく、デメリットもあります。大事なことは治療を受ける前にあらかじめインプラント治療を受けることによって発生するデメリットを知って、その内容について理解して納得することです。

では、どのようなデメリットがあるのかというと、まず挙げられるものは治療期間が長いということがあります。

治療に際して人工の歯根をあごの骨に埋め込む必要があり、人工の歯根とあごの骨が結合するための期間が必要です。

結合するための期間は人によって異なりますが半年程度要する場合もあります。また、インプラント治療は自由診療であることから保険適用とならない場合がほとんどです。


つまり、治療を受けるクリニックによって治療費は異なります。



また、使用している材料費などによっては非常に高額となることもあります。



また、治療を終えたからそれで終わりということではなく、定期的なメンテナンスを継続していかなければなりません。

インプラントは人工物であることから虫歯になることはありませんが、口内の衛生状態が悪いと人工の歯根を埋め込んだ部分の組織に歯周病菌が繁殖してしまうことがあります。


そうなると人工の歯根を埋め込んだあごの骨が痩せるなどの悪影響が発生します。そのようなトラブルを防ぐためにも定期的なメンテナンスを継続することが大事です。